川添文のピアノ教室

Aya Kawazoe

ピアニスト川添文のホームページ

オーヴェル=シュル=オワーズ②

無事、オーヴェル行きの電車に乗れました。

 

でも、また何かトラップがあるのではないかとソワソワソワソワ立ったり座ったりする川添…w(挙動不審)

 

映像のように完璧な車窓🚃💕(映像のが実物より綺麗だったりする現代…😅)(良いんだか悪いんだか)


f:id:aya_kawazoe:20180824032415j:image


無事着きました!!


f:id:aya_kawazoe:20180824032443j:image


まずは、駅から近い 村役場やゴッホの家へ。



f:id:aya_kawazoe:20180824032545j:image

村役場~

 


f:id:aya_kawazoe:20180824032627j:image

ゴッホの家、と言っても、ラヴー亭というレストランにゴッホは下宿していたので、レストランの2階の部屋、というかんじ。


f:id:aya_kawazoe:20180824032714j:image

ゴッホの家の中は撮影禁止。英語で色々たっくさんw解説してくれて、普段だったらずえぇっったいに聞き取れなかったけれど! あらかじめゴッホ本を3冊読んでいっていったのが功を奏して聞き取れました。(!!!)

内容がわかってると外国語でもするっと入ってくるものなんだなぁ。と思いました。

 

ゴッホの家は、「自殺者の家」というレッテルを貼られてしまって買い手がつかなかった……しかし!だからこそ!当時のまま、家具や壁(の一部)などそのまんま残ってるのです!感激。


狭い部屋だったけれど、下がレストランなので、きっと人の賑わいとかも感じられて、そこまで孤独は感じなかったんじゃないかなぁーーうーん、だからこそ孤独を感じるのかな?わからない。

オーヴェルの時代は、ガジェ医師(芸術の素養があり、芸術家をよく診ていた) も近くに住んでいたし、ゴッホを気にかけてくれる人がたくさんいた。だからそこまで孤独ではなかったんじゃないかな。(何回目)(孤独ではなかった、と私が思いたいだけカナこれ。笑)

 

オーヴェルの街並み


f:id:aya_kawazoe:20180907141839j:image

 

いたる所に看板があります。

ゴッホが必死で絵を描きまくっていたことが、そしてどんなに些細な風景でも大切に、題材にしていることがわかります。


f:id:aya_kawazoe:20180907141931j:image

 

そのあと、インフォメーションへ行って地図をもらって(じゃないと本当にわからなかった!)、オーヴェル城へ。


f:id:aya_kawazoe:20180907142717j:image

歩いて15分くらい。

こじんまりしたお城で、印象派や、オーヴェルに住んでいた芸術家(ゴッホよりも前にピサロセザンヌ、ドービニーなど来ていた‼️) についての映像や説明(日本語のガイドがあった)。

正直、そんなに目新しい発見もなく😅お城自体もニオールのお城のが良かったなーとかw思って、行っても行かなくても良さそうだな、と思いました。😛笑

お庭は綺麗だった。


f:id:aya_kawazoe:20180907142740j:image(写真傾いてるけどーっ😂😅)

 

その後、ガジェ医師の家へ。


これが遠かった…本当に遠かった


f:id:aya_kawazoe:20180907141029j:image

 

こんな感じの誰も歩いていない一本道をひたすら歩く😅笑


f:id:aya_kawazoe:20180907142821j:image

横を見れば絶景。ひたすら音楽聴きながら歩く。

 

アジアの方々も結構いたけど、皆、バスツアーで来ていて……それが正解かもと思いましたw

少なくとも歩くものではないな。

 

やっと着いた…


f:id:aya_kawazoe:20180907143100j:image

さらっと見て、お墓方面へ。(来た道を引き返して更に向こう側でした😂)

 

お墓への道のりの途中には、かの教会。(思いっきり工事中www)
f:id:aya_kawazoe:20180907143403j:image

 

もー、ハイライトはここでしたね

お墓。。。😢😢✨

③に続く😊

 

 

 

オーヴェル=シュル=オワーズ①




f:id:aya_kawazoe:20180812012246j:image

念願のオーヴェル=シュル=オワーズに行ってきました\(>_<)/

ゴッホ終焉の地。

 

ゴッホはこちらにわずか2ヶ月間しかおらずに亡くなってしまいますが、なんとその2ヶ月の間に80枚以上も描いています。(!!)

 

ゴッホ自身、弟テオへの手紙で何度も「ここは本当の田舎!」と美しい自然を絶賛している場所で、いつかは必ず、できれば一人で…来たいな、と思っていました。

 

----------------------------- 

 


まーーーー色々あったんですけどねーー🙄w

 

まず、パリ北駅から出発しました。(これも痛恨のミス過ぎるよ、折角パリから出発するならゴッホと同じサンラザール駅から出発すれば良いのに…)

 

オーヴェル=シュル=オワーズまでは、パリ北駅から6ユーロちょっと。思ったより安い.

 

切符買ったついでに、駅員さんにプラットホームの番号を聞いて、36番だよーと教えてもらい、

 

36番に行くと、お!!電車来てる!!飛び乗った川添

 


……これ日本でもよくやるんですけど、、、それで小田急線の藤沢行じゃなくて海老原行乗っちゃうみたいな、、、(藤沢住んで何十年目ですか?)

 


電車が出発してから(←⁉️) Googleマップ見たら、予定していた時刻より早い時間の電車に乗っていることがわかり、、嫌な予感してきて、隣の席のマダムにお聞きしたら、フランス語で教えてくれようとしている…!!!www

 

ごめんなさい、、、私フランス語話せないのです、、、と言ってもどうやら英語が話せないらしい。

 

マダム:フランス語⇔私:英語

で話し続けていたら まわりの方々が(見かねて?w)一斉に英語で教えてくれたwww

 

「この電車、その駅行かないよ!」

 

と。爆w

 

 

いやーーー参った。まぁいいや。

 

もうこんなことしょっちゅうあるからこんなんじゃ全くへこたれない😀(学習してー!笑)

 

 

次の駅までしばらく乗り。。w反対の電車を待ち、またパリ北駅まで戻りーw、今度こそ!!Googleマップでしっっっかり調べて乗車🚃💨

可愛い車内。(写真撮る余裕も出た)


f:id:aya_kawazoe:20180811231414j:image

メトロと違ってめっちゃ綺麗なんすね

 


でー、Persan ナントカって駅で乗り換え。(あまり思い出したくないw)

 


f:id:aya_kawazoe:20180811232051j:image(※何もない+ガッツリ工事中のホーム)

 

13:19に着いて、次の電車は13:24。とGoogleマップが言っているので。スムーズ!!無事に乗り換えもできますねーと思っていたら、、、

 

24分過ぎても全然来ない。そもそもホームに人影が全くない。


嘘だろ、、、、、と思いつつ電光掲示板再確認、、、すると、、、、、


次の電車、14:24。

 

14…!!!!!!!!!

 

1時間後でした。嘘。。。Googleマップでは確かに、確かに13:24って書いてあった。
よーくGoogleマップ見るとこんなことが書いてあった。


f:id:aya_kawazoe:20180811231727j:image

 

この地域の時刻表は最新ではありません……


田舎だから反映されてないんかな。

 

まぁこんな感じで、さすがの川添もうちひしがれ…


もういいや…ここからはオーヴェルまで電車で15分くらいだし、車でも25分くらい、、、最終手段、Uber使っちゃうか…

と思ってUber起動

→ドライバーが見つからない。爆


田舎だったからかなぁ。

もう、泣きそうになりながら夫に電話w


すると、
「折角だから街歩きしたら!?その駅から歩いて10分くらいのこのパン屋さんの評価、すごい高いよ!」(きみの仕事の速さはコンシェルジュか何かなんですか?)


とのお達し。(ほんと私の扱い上手いね)

 

はん。。。

こんっっな何にもなさそーーーーな駅の街、歩いたって絶対楽しいわけないわい!!


f:id:aya_kawazoe:20180811232227j:image

と思いながら歩いてー


f:id:aya_kawazoe:20180811232232j:image

歩いてー



f:id:aya_kawazoe:20180811232418j:image
歩いたら!!!

 



めっっっっちゃ可愛い街ーーーー😍💕💕💕爆笑


f:id:aya_kawazoe:20180811232502j:image

大興奮してしまった…


駅から街まで歩いて10分くらい、1時間後だからそんなに時間なくて、走って回ったw


f:id:aya_kawazoe:20180811232631j:image
f:id:aya_kawazoe:20180811232734j:image(指指w)


f:id:aya_kawazoe:20180811232804j:image

あー綺麗だったなぁ。

教会もあって、鐘も鳴ってた。
f:id:aya_kawazoe:20180811232551j:image

 

その鐘の音を動画で録ろうとした途端に止む鐘の音…

よくあるやつ…


パン屋さんはやってませんでしたけどwwwwww(Googleマップ営業中ってなってたけどね!!フランスの適当さすごいわー)、行って良かったーーー!!


f:id:aya_kawazoe:20180811233526j:image

 

帰りに、たくさんの白鳥発見😍


f:id:aya_kawazoe:20180811232929j:image

思わぬ収穫や出会いって、無性に嬉しい川添なのでした😊🌟

 

そんな感じで続きます…www(題名の場所に到着もしていない遅筆さw)

クロード・モネ睡蓮

いやいやいやいや、いま気付きました。

オランジュリーの記事書いて、モネの睡蓮に触れない人いるかーーーーーいってね爆!

 

勿論とっても綺麗、夢のような空間でした!(人で大混雑だったけれど…)


f:id:aya_kawazoe:20180808045005j:image
f:id:aya_kawazoe:20180808045234j:image
f:id:aya_kawazoe:20180808045256j:image
f:id:aya_kawazoe:20180808145215j:image
f:id:aya_kawazoe:20180808145313j:image
f:id:aya_kawazoe:20180808150143j:image


8枚全部を写真に撮らなかった川添、、これは痛恨のミス!(何であと2枚撮らなかった?)

 

睡蓮ってフランス語でNymphéas(=水の精)って言うんだ。まんまだ~素敵😭✨!

 

毎日同じ題材を、こんな風に全く違うもののように描けるって、、計り知れない努力と才能と感性だぁ、、と思います。

音楽からしたら、同じ曲を違うアプローチで何百通りも攻める、みたいな感じかな…?(勿論、演奏は再現芸術なので根底から違いますが😅)

 

一枚一枚見ると違うけれど、部屋全体で見るとまとまりがあり、部屋自体がひとつの作品になっているのが驚きです…あとは、近くで見ると、赤!とか紫!!とか茶!!!とか突拍子もない色が沢山入っているのに遠くから見ると色彩、光溢れる睡蓮の池になってる…

 

300点以上、(オーディオガイドで数言ってたのになー!メモるの忘れてしまった…)モネは睡蓮の絵を描いていて、実際に色々な場所で(日本でも!)観ることができますが、いつ観ても安心感?というか清涼感と癒しをもらえるなーと思います。

 

オランジュリーに来て、一番の大作を観ることができて本当に良かった😌💓

 

前の記事が長すぎたので今回はこのくらいで、、笑

今日は丸一日練習です!この二日間、ピアノが弾きたくてたまらなかった!!頑張ろ~

 

日本は台風?⚡🌀☔らしいですね。。どうぞお気を付けてお過ごしください🍀

 

オランジュリー美術館

こんにちは✨😃

昨日は、念願の!オランジュリー美術館へ行ってきました~!!👏

 

私は大学三年生の春に、一度講習会でパリに来たことがあります🌸


その時にも、折角お金貯めてパリに来たんだから、、、ということで3泊ほど一人で前泊して、たくさんの美術館に行きました😊🇫🇷

 

オルセー、ルーヴル、ロダンブールデル、マルモッタン・モネ、ジャックマールアンドレ、、、、(たぶん他にもまだあと2つ行った😂🤣)

オルセーに朝から閉館まで丸一日(ギリギリ観れた、かな)、ルーブルに丸一日(全然足りなかった…かな笑)、居たことを考えると、4日弱でよく観たなぁと😃(苦笑)

 

あの頃、本当にお金もないし、体力とやる気?(笑)だけが見方というか、、まずホテルでの朝ご飯をたっくさん食べて、お腹を満タンの状態にして夜まで通しで歩き回るなんて無茶なことをしていました😂

今はそれはできない。どーん

 

しーかーも、、今はSIMカードやらWi-Fiやら、色んな手段ありますが当時(もあるっちゃあったけれど)、Wi-Fiのあるホテルやカフェ以外は機内モードで過ごしていた人、、w 美術館まわるときも全部紙地図で😂😂

 

今はそれはできない。どーん


その講習会に連れていってくださった先生に教えていただいた地図✨
まだ大事にとってあります😌🌟

 

日本じゃもう酷すぎる方向音痴⁉️というかボーーーっ‼️と生きてるんでしょうね。なんかもう本当に方向音痴も、地図の読めなさも、道の覚えなさも酷いのですが。。。

パリに行ったらさすがに生死に関わる(爆)からか、死ぬ気で地図読んで行きたい美術館にはほぼ行けた。人間やればできる…!!!

 

ただ、、ひとっつだけ、たどり着けなかった美術館があって。。それがオランジュリーだったのです。。。

 

今回はGoogleマップを使って😆辿り着けると良いなぁと思っていた一番の場所✨🌟

長年の念願叶いました…🌈🌞(行くのめっちゃ簡単だった爆)


f:id:aya_kawazoe:20180808010957j:image

 

もちろん、見所は睡蓮なのでしょうけれど、私は、
たくっさんのルノワールの絵や、
原田マハさんの『楽園のカンヴァス』を読み、大好きになったアンリ・ルソー(オーディオガイドではずっと「ル・ドゥアニエ(税関吏)・ルソー」と呼ばれていましたが😅)、
ピカソの青の時代とバラ色の時代の作品が並べられているところ、
などが特に印象に残りました😊

 

私は美術のことはよくわからないので、美術館へ行ったときには必ずオーディオガイドを聞きますが、ルノワールのジレンマについてとっても共感できました。

 

"(自分達の作品に自信を持てない、云々あるが、) 過去の巨匠たちの作品を見れば、自分達の作品に自信を持つべきではない、ということが分かる。
何より、彼らはなんて素晴らしい職人だったことか。
それはなぜか。彼らは自分の仕事を理解していたから。
絵を描くことは、空想にふけることではない。地道な作業であり、根気よく、緻密に行わねばならないものなのだ。
今日では、私たちは皆、天才であるか、あるいは自分が天才だと思っているかのどちらかである。(←www) 
一つだけ確かなことがある。私たちは、もはや手の書き方を知らないし、自分たちの仕事についてほとんどなにも知らない。
過去の巨匠たちは技術を知っていた。我々は、その秘訣をなんとか得られないかともがいている。"     (オーディオガイドより )

f:id:aya_kawazoe:20180807180821j:image

 

本当に本当にストイックですよねー!!!!笑
ルノワールは病的な心配性で、技術の習得についての猜疑心は一生付きまとっていたようです。(彼の絵からはそんなこと微塵も感じられませんが!!🙄✨) 
彼は生涯を通じて、大作の合間に静物画を描いていたそうで、オーディオガイドではこれを"音楽家が音階練習をしているようなもの。"と説明していました。(分かりやすい😂)

 

個人的にはピカソの抱擁がすごくぐっときて😢😢
f:id:aya_kawazoe:20180807181411j:image

右の絵です。(右かーい)(ぐっときたわりにめっちゃ写ってるの小さいじゃんね)(人が沢山居たから撮りにくかったのです)

 

青の時代は、ピカソの親友がなくなったり、本当に辛い時期に彼が青を用いて様々な作品(…それも悲惨な題材が多いのですが)を書き、そう呼ばれています。

この抱擁は、裸の男女=何も持ち合わせていない、二人の間には愛情しかない。愛情だけ持って、これから生まれてくる子供にも何も与えられるものはない…

それに比べて左の絵はバラ色の時代のものです。ごく短期間でしたが、ピカソが幸せの絶頂に赤を用いて作品を書いていた時期。

 

ピカソは本当に何人分?ってくらい一生のうちに画風を変えていますよね。

それと彼は商才にも長けていたようで。資産も7500億?とかあったみたいですね🙄生前に一番稼いだ芸術家とか😊

 

ピカソゴッホの違い、みたいな本を(それも経済の本でしたが…) 夫に勧められて読んだことがあるのですが。まぁピカソは子供の頃から天才だしーゴッホはそもそも絵で食べようと思ったのがそもそも遅かったしー😗とか思って半信半疑で読み始めましたが😅、ピカソは自分の絵が出来上がったときに、沢山の画商を呼んで、自分で絵についてどれだけ素晴らしいものかプレゼンテーションをして、競り合いさせてたみたいです。そりゃ高くなるだろうな。それとか、小切手で自分がサインをして買い物をしたら、その店主は絶対に小切手を換金せずそのサインを飾るだろうから、タダで買い物できる、なーんてこともしてたみたいです。賢いな~いや、賢いのか?笑

まぁ、私はゴッホが好きで好きでたまらないんですけどね😜

 

ルソーについては、、楽園のカンヴァス激推しします。。原田マハさんの素晴らしい感性とルソーへの愛で溢れたこの小説で、何度泣いたことか。😢✨

 

ルソーと言えば"夢"など有名ですよね。

自分の才能を信じ自分の絵に自信をもっていたルソーは、苦しい生活の中でふたりの妻に先立たれても、ひたすら無邪気に絵筆を握り続けました。
夢をも現実だと思い込むほど純真だったルソー。"夢"では、こんなにジャングルの雰囲気を再現できているのに、ルソーはジャングルに実際に行ったことはなかったとか。パリの植物園で見たものを自分でアレンジして描いたと言われています。😢💕✨

絵に描かれた熱帯雨林は、彼の南国への憧れを形にした楽園なんだろうなぁ…

 

ゴッホに日本を見せてあげたかったし、ルソーにジャングルを見せてあげたかった…とか思う、にわか美術ファンな川添です…

 

自分は良い意味でも悪い意味でもセンシティブな人だったんだなーと気付くこの頃です。

ケフェレック先生のレッスンでも、あなたはセンシティブすぎる!センシティブすぎて、全部の音に気持ちを入れすぎてまとまりがなくなる。と何度言われたことか爆!

 

取捨選択はマストですね。上手い方々の取捨選択のセンスの良さ。

 

脱線しましたがー。長くなりすぎるから、ルノワールの雪景色で涼しくなって終わりましょう。⛄❄️(こっちは毎日35度、しかもエアコンもありません。お店は勿論電車にも…汗だくな毎日です。)(今、この雪の絵文字見てちょっと涼しくなりました。末期)

 


f:id:aya_kawazoe:20180808043202j:image

 

 

"自然界に、白という色はない。雪にも空の青が反映されているはずなんだ。" (ルノワール)

フランス

こんにちは✨😃❗ 

 

川添、生きてます。

 

8月1ヶ月間、レッスンを受けにフランスとドイツへ行くことに決め、、沢山の方々にご迷惑をかけて自分の勉強をするのだから。こんなことしてるよーという報告、そしてかけがえのない日々の記録を兼ねてブログ更新しようと思って早一週間。。笑

 

やっと時間ができたので書きます!!w

 

いまはパリに居ます。というか、パリに着きました✨
こちらは19時でも外はまだまだ陽がさんさんです。22時くらいまでは本当に明るい。そして毎日本当に良いお天気!!歩いているだけで楽しい!!

 

いままでの1週間、7/31-8/5は、フランスのCelles-sur-Belle(セル=シュル=ベル)という場所で毎日アンヌケフェレック先生のレッスンを受けておりました✨

 

このフェスティバルは、ケフェレック先生にお声掛けいただいて行くことになったのですが、もうとにかく素晴らしかった…

来年も行きたいなぁああ…。。

最寄りはNiort(ニオール)という駅で、パリからはこちらの新幹線のような電車で2時間ちょっとという場所✨

 

このお城で寝泊まり、レッスン、練習!全てします✨


f:id:aya_kawazoe:20180806024131j:image

本当に良い意味で何もない場所!本当に音楽と食、自然、それだけの毎日でした。



f:id:aya_kawazoe:20180806024455j:image

 

毎日、午前中にレッスンがありました。
レッスンは大体1時間ちょっと~1時間半くらいなのですが、あまりに、あまりに素晴らしいので他の二人のレッスンもずっと聴講して。というか全員が全員のレッスンをずっと聴講していて。午前中まるまるをケフェレック先生の音楽を浴びて過ごせたのはなんて幸せだったんだろ。


そしてお昼頃から1時間半くらいかけて皆でテラスでランチ😊笑
毎日35度くらいで(勿論部屋にもレッスン部屋にもエアコンはない、、から汗だくで弾く日々、、でもそれが心地よかったりする。)、日光もかなり強烈なのに、もうどんなに暑くったって、フランス人の方々はテラスで食べるんだ~とカルチャーショックその①でした🌞

 

その後、14時半くらいから部屋にて練習。
レッスンの録音を聞いて、自分の演奏を客観視できてないなーと反省、からの先生の素晴らしいレッスン&演奏に悶絶、、録音を聞き終えてからは、身体と耳が覚えているうちにレッスンで教えていただいたことをざっと直してその曲はとりあえず保留、、あとは翌日のレッスンに持っていく曲の練習!という感じでやっているとあっという間に19時くらいで。


f:id:aya_kawazoe:20180806025100j:image
(机でやれよってね)


19時からは、同じくケフェレック先生のレッスンに来ている二人と夜ご飯を食べます😊私以外、二人ともフランス人の方々で、、フランス語で話した方が絶対楽だし早いのに、英語で話してくれたり…本当に嬉しかった😢💓

 

そして、20時半からは毎日、素晴らしい演奏会が開催されていて、聴きに行ってました😍🌟

教会でのパイプオルガンの演奏など、とっても感銘を受けた演奏会もありましたがなんと言ってもハイライトはケフェレック先生のリサイタル。。。。。。


f:id:aya_kawazoe:20180806025236j:image

泣いてしまいました😢(この涙腺枯れていると言われている私が。。)

本当に本当に本当に全てが素晴らしかった…まぁそれは改めて書くとして。

 

こんな感じで過ごしています!今から5日間は、繋ぎの期間なのでレッスンはありません。ケフェレック先生から頂いた沢山のアイディアの消化と、、あとは大好きな大好きなパリで、たくさんの美術館や、どうしても一人で行きたい場所(パリではないですがフランスです)へ行ったり、もちろん沢山練習🤣して、次のドイツの講習に備えようと思います✨


f:id:aya_kawazoe:20180806024606j:image

それではまた✨

ツェルニー

私が小学4年生の時からお世話になっている日比谷友妃子先生は、劣等生だった私を時に厳しく、時に優しく導いてくださいました。

先生のレッスンは魔法のようで、先生が隣で歌ってくださると最初の演奏と最後の演奏がまるで違う、ということがよくありました。

今でも本番前はお世話になっていますが、本番前でどんなに緊張していても、先生とお話させていただくだけでどんどんリラックスできる気がします😌


なかでも、本当に懐かしくて涙が出そうなのは、ツェルニーのレッスンなのです。

私はツェルニー100番、30番、40番、50番、とやりましたが、先生は勿論音楽的でないと合格にしてくださいません😂
ツェルニー好きだった私は、新しい曲に進むのが楽しくて楽しくて、だからこそ毎回のレッスンで合格したくてしたくて1日何十個も正の字を書いて本当にたくさん練習しても(回数に頼っていた練習法が、いかにも若いな~という感じですが笑)、合格できないときというのはもう本当に沢山あって(というかほとんどですね)、悔しくて泣きながら帰っていた小・中学生時代は、何よりも私の青春と呼べる時期なのではないかな~と思います。(青春の定義って何なのかよくわかっていないのですが。笑)

ツェルニーというのは賛否両論あるのかもしれませんが、私は絶対にやるべきだ、と思います。ツェルニーで技術は確実についたと実感しているからです。

そんな先生がツェルニーの楽譜を校訂されました😍

f:id:aya_kawazoe:20170602081259j:plain

私の生徒さんでこれからツェルニー100番または40番に進まれる方々はこの楽譜を使っていただきます✨

思い出のつまった、宝物のような先生のツェルニーのレッスンがこの楽譜に再現されていると思うと、嬉しくて仕方ありません。

これからみんなと この楽譜で勉強できることがとっても楽しみです❣️

お料理🍴

もう、更新する気になっているときに一気に更新する作戦でいこうと決めました川添です。


最近、お料理をする必要性に迫られて、食べる専門だった私もさすがに重い腰を上げ…


f:id:aya_kawazoe:20170602073927j:plain
f:id:aya_kawazoe:20170602074026j:plain
f:id:aya_kawazoe:20170602074209j:plainf:id:aya_kawazoe:20170602074348j:plainf:id:aya_kawazoe:20170602153422j:plainf:id:aya_kawazoe:20170602153535j:plainf:id:aya_kawazoe:20170602153602j:plain

たまに頑張っています😅

何事もやってみないとわかりませんね。お料理は私はわりと好きな気がします。(始めたばかりのひとが何を言うという感じですが😅)

早く、レシピをたくさん覚えてレパートリーを蓄えたいです💪


手際悪すぎーぃな私を見かねて、昨日はレッスン後に母が料理を教えてくれました🎶

f:id:aya_kawazoe:20170602075238j:plain


どこの大家族の食卓だよwという感じですが3人で完食しました😂きゃー

揚げ物はハードル高いですがやっぱりおいしいですね😋

という、どーでもいいブログおしまい!!(唐突!)